*

ありがとうの日

kokoemoonのある一日をつづっています。

2009/10/29

病院の実態

怒りが笑いにかわった瞬間。

もちろん、いい(笑)ではないけれど。。。

今日、病院の就業規則の不利益変更の説明会が
あった。

経営者は医者だ。

説明の内容は、こんな感じ。

今まで完全週休二日制だったものを
年間休日115日に変更したい。

経営があぶないわけではない。
日々の、人手不足で働きにくい環境が
職員の負担になるだろうと考えたからだとの理由。

正当な理由にもなっていないし、
逆に職員のためを思ってやる改定だという。
不利益変更なのに、従業員にあたかもいいことを
しているかのような説明だった。

病院は、医師と看護師でほぼなりたっている為、
もちろん看護師からの質問や不満は言いにくいし、
実際意見を言う人は誰もいない。

実際質問したのは、私一人だった。
「不利益変更を事由に退職する場合は、自己都合に
なりますか?会社都合になりますか?」

経営者は露骨に嫌な顔をし、「もちろん解雇といって
いるわけではないから、自己都合だ」と。

最近ニュースで不利益変更による退職が
自己都合になっている場合が多いというトピックスが
あったため、聞いてみたかっただけだったのだが、
案の定だった。

うちの病院は組合もないため、従業員の意見をつのるのも
大変であるし、実質上、反対意見をいえる人は
ほとんどいないだろう。

自分も含め、医療馬鹿といったらよいのか。。
なんといったらよいのか。。。
普通の会社では考えられないことが
まかりとおる。

それが病院という風土である。

怒っているのに、無知さに、滑稽になって(笑)になってしまった
そんな出来事となった。

説明会を録音しておきたかったなぁ。。。。

人を大事にしない人が、病気を治すことを
仕事としているのだから、こんなお粗末なことはない。

これが病院の実態の一部である。

by kokoemoon

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■       国内最大級のオンラインCDショップ         ●●TOWER RECORDS ONLINE●● 話題の新作が最大15%OFF!ご予約はお早めに!   http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KO+CS83EA+V5O+5YRHF ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■