*

ありがとうの日

kokoemoonのある一日をつづっています。

2009/10/31

減薬

私が、今、こんな病院でも、働き続けて
いられるのは、院長と、PSWの同僚との出会いが
あったからである。

理事長(経営者兼医者)とは、話にならないが、
院長は、違う。

そういう意味で同じ病院でも、医師との出会いは
患者様にとっても職員にとっても、とても
人生をかえると思う。

先日、私ははじめて、自分がうつ病であることを
院長と同僚のPSWに話した。

とくに理事長の友達である院長に、私がうつ病であること
を話すのは、リスクをともない、緊張したが、
院長は、私の現在の薬と、病状をみて、
減薬の方法を教えてくれた。

私は、地域の精神科スタッフと顔なじみが多いため、
自分の病気を隠すために、心療内科医を主治医としている。

仕事がしやすいいい面もあるが、心療内科医は、
精神科薬についてのプロではないため、
薬はだしてくれ、話はきいてくれるが、
減薬などのタイミングを患者まかせに
することが多い。

そんな事情もあって、精神科医である私の大好きな院長に
減薬の方法を教えてもらい、心療内科医である主治医に
自分の口から、減薬の相談をした。

減薬は、めまいや頭痛を伴い、つらいけれど、
病気とのつきあい方の中で、必要なことだと
おもっている。

将来、子供もほしい。精神科薬をのんでいる限り、
妊娠にはリスクもある。

いろいろな意味で、何がおこるか分からないけれど、
まず、今できることをやってみよう。

今、できること。

五里霧中だが、やってみよう。

私は、多くの方に支えられているのだから。。。

感謝。。。

by kokoemoon

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■       国内最大級のオンラインCDショップ         ●●TOWER RECORDS ONLINE●● 話題の新作が最大15%OFF!ご予約はお早めに!   http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KO+CS83EA+V5O+5YRHF ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■