*

ありがとうの日

kokoemoonのある一日をつづっています。

2008/09/13

入院一日目

夕方、やっとひと段落した入院手続き。

今回も休息入院。

ひたすら寝る。声をかけてもらえる。

お食事がでてくる。温室のような環境。

昨日は、はじめて、PSW(精神科ソーシャルワーカー)さんに

自分の今のなやみをきいてもらった。

いただいた言葉を忘れないうちに書き留める。

「人の期待にこたえようとしているあなたがいますね。」

「いろんな人の声に混乱しているあなたがいますね。」

「病識がないのではなく、むしろ自分のことを客観視されているようにみえます」

「友達にも話せない、先生にもはなせない、家族にもはなせない ことを
 一人でかかえてしまっているんですね。」

「もっと頼って欲しいといわれるけれども、あなたにとっては、声をかけてくださる
 人がいるだけで、十分頼っているし、支えられている感があるのですね。むしろ
 それ以上の距離感を縮めることが、負担なのですね。混乱するのですね。」

ひたすら傾聴してくださった中での20分ぐらいの面接だった。

ありがたかった。

とても貴重な時間だった。

入院一日目は、この面接が何よりの宝だった。

by kokoemoon

ラベル: , , ,

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■       国内最大級のオンラインCDショップ         ●●TOWER RECORDS ONLINE●● 話題の新作が最大15%OFF!ご予約はお早めに!   http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KO+CS83EA+V5O+5YRHF ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■