*

ありがとうの日

kokoemoonのある一日をつづっています。

2008/12/15

あるPSWの一日

あるPSWの一日

精神科には、救急というものが
実はある。

ただ、一般の病院と少々違うため
よくわからない方も多いと思う。

ここでは、仕組みとしての救急
ではなく、状態としての救急を
私的体験からつづってみる。

「精神科救急」。
患者さまの状態と
しては、「急性期の状態」である。

「急性期の状態」とは、「自傷他害の
おそれのある状態」である。

この病態をふかめて記載すると、
ブログの範疇を超えてしまうので、
やんわりと説明すると、

「自分で自分のことを傷つけたり、
自分で他人に危害をくわえたり
するほど、興奮していたり、
幻覚妄想状態であったり、自分の
ことをコントロールできない状態
にあること」である。

入院の仕方は、精神保健福祉法に
定められているので、今日は省略。
精神保健福祉士の勉強をしている
方は、勉強必須だ。

私の職場は、「急性期の状態」の
方で、突然、外来にこられる方が
多い。突然、暴れてしまったり、
叫んでしまったり、ものすごい
エネルギー体だ。
外来が予約制ではないことも
さることながら、よく、病院に
ご家族が連れてこられたと
感服させられる。

うちの病院は、療養型なので、
たいてい、いつもベッドが満床である。

そのため、PSWは、必至に入院できる
別の病院をさがす。

もちろん先生も必死だ。
診察しながら
患者さまの興奮を抑えながら
ご家族に説明しながら、
相手先の先生に病状を説明しながら。。。。

PSWは、この場合は、いつもの様に一緒に
考える。。。というやり方よりも、
「できることをやる」。

生命に変えられるものはないからだ。

診断書の封書をかいたり、
相手先の病院に断られないように
相談をもちかけたり、ご家族の
待ち時間や子供の相手をしたりと、
きまった病院までの地図をプリント
アウトしたりと、一分一秒を争う。
病院は何件も何件も断られる。

では、急性期ではない方はどうして
入院されているのか。。。
また、時期をおいて書きたい。

by kokoemoon

にほんブログ村 病気ブログへにほんブログ村 イラストブログへにほんブログ村 資格ブログへ人気BLOGRANKING

ラベル: , ,

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■       国内最大級のオンラインCDショップ         ●●TOWER RECORDS ONLINE●● 話題の新作が最大15%OFF!ご予約はお早めに!   http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KO+CS83EA+V5O+5YRHF ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■