*

ありがとうの日

kokoemoonのある一日をつづっています。

2009/07/12

精神科ソーシャルワーカーにむいている

「あなたは、精神科ソーシャルワーカー」に
むいているわ。

っと看護師さん。

何気ない言葉だったが、「なぜ?」っと
思いながらもうれしかった。

自分自身では、天職だと思うが、適職だとは
思わない。

なぜなら、ポジティブなアドバイスは
できないからだ。

私はいつも、患者さまや、ご家族に
横に並んで聞く姿勢。

前にでれないのだ。

だから、どうどうめぐりするときもあれば、
一緒に悩むこともある。

ソーシャルワーカーは半歩は前にでていないと、
やりにくい。出すぎると、これまた、
医師やカウンセラー、コーディネーターの
ようになってしまう。

先日、どうしても技術があがらない
介護スタッフの面接を看護部長から
たのまれた。
すでに同職種や看護師からは、
そっぽをむからている職員だった。

第一回目の面接は、いいとこ探しを
必死でふたりでおこなった。
苦手はだれでもある。でも、それに
対して、工夫していることを中心に
話をきいた。
次々にでてきた。この子はすごいと
思った。

たいていの人は、もうすでに努力してきて
いる人である。この面接は私にとっても
勉強になった。

長くなった。ちょっと興奮気味で。。。

by kokoemoon

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■       国内最大級のオンラインCDショップ         ●●TOWER RECORDS ONLINE●● 話題の新作が最大15%OFF!ご予約はお早めに!   http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HU8KO+CS83EA+V5O+5YRHF ■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■